娘がTackofall(タッコフォール)のファン!?ブラッドスティーブンスが要望に応える

ケイ素
スポンサーリンク

ボストンセルティックスのブラッドスティーブンスコーチは、金曜日の夜のデトロイトピストンズでの114-93の勝利で、「ファンが望むものを与える」という 娘からの要望に応えた。

ボストンが第3四半期に、セルティックスがピストンズを引き離すと、 一部のセルティックスのファンは「We want Tacko!」と唱え始め、 フォールがホームデビュー。

 フォールが 残り52秒で フリースローラインに立つと、“MVP”コールの大歓声が沸き起こり、 32秒でプットバックダンクを決めたルーキーにとっては貴重なホームデビューとなった。「試合が終わりに近づくにつれて、僕もプレーできると確信してたよ。でもコートへ出ただけであんなことになるとは」と本人も驚いていた。

 そのルーキーが5得点2リバウンド1ブロックを挙げたことで、会場が大きな盛り上がりを見せていたことは言うまでもない。スティーブンスは試合後、娘のキンズリーがフォールについて彼に言ったと言った。「今は人々に欲しいものを与える時だ」彼女が言ったことはこれだけです。

フォールはホームでのデビューを5ポイントで終え、セルティックスのスターであるケンバ・ウォーカーよりも3ポイント多い。

コメント