ラプターズがトレード市場に参戦?

ケイ素
スポンサーリンク

Kawhi Leonardが残留していれば歴史は違ったかもしれませんが、ラプターズは今期も優勝を諦めず、別の大きな動きを模索しているようです。6か月前、マサイ・ウジリはラプターズの初優勝を祝いました。

スポンサーリンク

けが人だらけのトロントラプターズ

けが人だらけのトロントラプターズ
サラリーアップが期待されるヴァンフリート

トロントは22-11で、東地区5位に位置付けています。ラプターズはカウルラウリー、サージイバカをケガで失いやっと復帰したかと思えばパスカルシアカム、ノーマンパウエル、マルクガソールがケガで戦線離脱しています。ラプターズがこの位置にいることは驚くべきことです。Kawhi Leonardを失ったチームには、残酷なシーズンが始まるはずでした。キャバリアーズはレブロン・ジェームズを失った後、2回崩壊しました。スパーズ王朝はレナードを動かしたときに事実上終了しました。ラッセルウェストブルックは、ケビンデュラントがディフェンスした後、プレーオフミックスでサンダーを維持することができましたが、そのチームは頭打ちでした。

しかしトロントラプターズの組織は違った

昔のラプターズとは違った組織です。ですがスーパーチームではありません。レイカーズにはジェームズとアンソニー・デイヴィスがいますが、ここ数週間、かつて鉄壁なディフェンスがが切り裂かれました。BucksはEastern Conferenceを駆け巡っていますが、Eric Bledsoeがポストシーズンに現れるまで、彼らは無敵ではありません。クリッパーズはおそらく最高の利点を持っていますが、レナードは他のチームとの最初のシーズンでチャンピオンシップに本当に勝つことができますか?

ラプターズがやろうとしている事の可能性は、たとえそれが非常に小さい可能性でも、開口部があります。トロントには、リーグで最高の選手育成プログラムがあります。それは、スターに成長した前触れのないプレイヤー、シアカムとフレッド・ヴァンフリートを生み出しました。OG Anunoby、Chris Boucher、Oshae Brissettを生産しています。新人のブリセットは、ボストン戦ののラインナップに加わり、4ポイント6リバウンドを記録しました。

ラプターズを信じるということは、25歳のシアカムがプレーオフチームを率いる準備ができていると信じることを意味します。3月に34歳になるローリーがプレーオフでより大きな役割を担うことができるということです。それは、ベテランのマーク・ガソルとサージ・イバカが健康でパフォーマンスを発揮する一方で、ニック・ナースと彼のスタッフが開発している若い選手がプレッシャーの中で良い経験ができることを意味します。

しかしトロントラプターズの組織は違った
シアカムの成長は想定内だったのか?

トレードでの柔軟性

そしてウジリの仕事です。数ヶ月間、ある時点でラプターズから何人か放出なることが想定されてきました。ガソル(2560万ドル)とイバカ(23.3ドル)には、大きくて期限切れの契約があります。ウジリは、ローリーをより取引可能にするために、ローリーをもう1年(そして3000万ドル)彼のプレイヤーオプションにしました。LowryとJrue Holidayの名前は、トレードデッドラインに入手できるインパクトプレーヤーと位置づけされます。

トロントが買い手として登場した場合はどうなりますか?

トロントが買い手として登場した場合はどうなりますか?
必要あるのか?

ラプターズは打つ手が豊富です。彼らは期限切れの契約を持っています。彼らには興味をそそる若い選手がいます。彼らは将来のドラフトピックを持っています。彼らはおそらく、トロント出身のトリスタン・トンプソンをいつでもクリーブランドから引き抜くことができるでしょう。彼らが積極的になった場合、ケビン・ラブの取引も終結するかもしれません。ジュールホリデイ(ガードもウイングもディフェンスも良い)やRobert Covingtonのような汎用性の高いウイングが活躍する可能性があります。問題は、ラプターズがどれほど攻撃的になりたいかです。ウジリは、アップグレードがこのチームを東のミルウォーキー、フィラデルフィア、ボストンを追い越すとどれほど強く信じているか?ラプターズが西のLAチームをノックアウトできるのはどれほど現実的か?

約18ヶ月前、ウジリはレナードの買収に大胆な動きをしました。状況は異なっていました。Raptorsチームには短期的サラリーの上限長期的サラリーの上限の問題がありました。このバージョンには上限がありますが、ウジリは今後2年間を楽しみにして、ラプターズをフリーエージェンシーのプレイヤーとして構想することができます。彼らは来年の夏に フレッド・ヴァンフリート に大きな費用を支払う必要がありますが、2021年(ヤニスアデドクンポの夏)にトロントは他に負けないくらいサラリーの柔軟性を持つためにプロジェクトを展開しています。彼らはシアカムとヴァンフリートに2人の若い星を持つことになります。彼らにはチャンピオンシップのコーチがおり、トップエグゼクティブプレーヤーが接続できます。彼らには勝利の文化があります。

それはFA市場で有利な条件です。しかし、ウジリは安全なプレーについては一度もなかった。トロントは今年契約切れの選手を売却するポイントを過ぎています。ですが期限が近づくと、視聴者からの最大の疑問の1つは、NBAチャンピオンのラプターズが今動くのか?シーズン終了後に動くのか?どちらをもくろんでいるのか、という点でしょう。 

この記事を書いた人

整体さん6年目です。2019-2020NBAの動き2019-2020を書いています。

コメント