断糖のすすめ 高血圧、糖尿病が99 治る新・食習慣

スポンサーリンク

【断糖とは 病気になれない食事法です】半落ち、相棒、ATARUとテレビドラマ監修の経験もあるハタイクリニック院長 西脇俊二 がすすめる糖断ちのレクチャー本

スポンサーリンク

断糖のすすめ の紹介文

『痩せたい』『痩せて健康になりたい』

と思ったことはありませんか?

本書は身体の毒である『糖』を抜いて健康を手に入れる方法を指南する本。

糖尿病、高血圧、アトピー、花粉症、リウマチ、うつ等、西洋医学では決め手に欠ける、苦しんでいる人たちが試したみたい一つの手段のレクチャー本です。

そして痩身効果も期待できる本です。

断糖のすすめ 西脇俊二

数々の人気ドラマの医療監修を担当した名医。精神科医としての実績だけではなく、「断糖」「消化力を高める」など独自の理論で、現代人の病気や不調の完治・改善に努めてきた。現在は、ハタイクリニックの院長として診療をしながら、メディア出演、医療監修、執筆など多数の分野で活躍中。医療の専門的な情報と豊富な知識・教養に裏付けられた講演は、健康や食に留まらず、ビジネスパーソンが参考にできる内容も多く、幅広い聴講者から好評を得ている。

参照:講演依頼.com

現在は、ハタイクリニック院長として診療にあたりながら、テレビドラマの医療監修や執筆など幅広い分野で活躍中です

断糖のすすめが分かる15の要約ポイント

断糖のすすめは、糖質制限ではなく完全に糖を断つ事です

食後に眠くなるのは糖質のせいだから断糖で脳が働き効率よく働ける

甘いものを食べたくなる糖の中毒性が、気分のムラ、パニック障害、ADHD,統合失調症、うつ等を引き起こす可能性が高い

ブドウ糖とタンパク質が過熱されてできるAGEsという老化物質はコラーゲンの破壊を進め、肌の衰え、アルツハイマー進行に繋がる研究結果も出ている。アンチエイジングには断糖は欠かせない

糖質はエネルギー以外に価値が無い、脂肪では太らない

糖は脳の唯一のエネルギー源ではない。体内物質を分解合成してブドウ糖は作られる為、直接取る必要はない。

使いきれない糖は脂肪に変換される。メタボの原因は脂質ではなく糖質から変換された皮下、内臓、筋肉内の脂肪が原因だから糖質制限で痩せる。

糖の取りすぎでインスリンの低下が血糖値を下げれなくなり糖尿病へ、血糖が高くなると血中の細菌が増え血管内壁を傷つけコレステロールが沈着し動脈硬化を起こします。そして、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まるのです。

脂肪と言えばアレルギーの肥満細胞と結びつきが強いため、体脂肪を溜めないことは症状を起こさせないことに繋がります。

糖尿病のカロリー制限、バランスのとれた食事、肉の摂取制限、などの食事指導の中に糖質接種制限は含まれておらず、脂質の摂取制限が取り入られています。血糖値が高いなら血糖を下げる糖を制限することで実現可能なのです。

断糖ダイエットは3日糖を断てばお腹が凹み体重も変化してくる。動物性たんぱく質を取って筋トレをする。有酸素運動をする。

スポーツ選手や肉体労働者などエネルギー消費が高い方以外は、ブドウ糖を使いきることは出来ない為、ほとんどが体脂肪へ変換されます。

体脂肪を溜めにくく痩せやすい身体を作るには筋肉が必要で、その材料となるタンパク質を摂取するべきです。

【肉食にこだわれ!と記載している部分は、肉を摂りすぎると身体が酸性に傾くので内蔵機疾患の方は血液検査をして下さい】

ベジタリアンは元気が無くなるので注意が必要です。筆者も元々はベジタリアン

AGEsは病気の元になる

断糖のすすめ 評価は?

断糖のすすめは全体的に高評価です。文庫化されてるだけあって売れていますしね。読みやすさや余分な説明も少ないところがユーザーにストレスを与えていないのかもしれませんね。

Amazon 評価 ☆3.9

45評価中★3.9と中くらいの評価、良い評価で多かった点は読みやすいという点で、悪かった点は医学的観点や科学的観点の説明がもっと欲しいという点でした。ブラックコーヒーは糖質が高いという点にご指摘が多かったです。

楽天ブックス 評価

13件中★4.3とまずまずの評価、良かった点は、糖が毒になるという事でした。悪かった点はやはり説明不足が挙げられていました。

断糖のすすめ 高血圧、糖尿病が99 治る新・食習慣 実践ポイント

  • 糖質の質を知ろう
  • 食べ過ぎない事
  • 無理はきんもつ

断糖のすすめ 高血圧、糖尿病が99 治る新・食習慣 まとめ

いかがでしたか?糖質が体脂肪の増加に繋がり不健康を招くと西脇俊二氏は発表しています。一つの捉え方として覚えておくのも一つの手段でしょう。

コメント